RStudioでPythonを使おう

統計解析用言語のRとPythonを別々のIDEにて解析業務を行われていませんか?
R言語のIDEとして長年親しまれている「RStudio」はいまやR言語だけのIDEではありません。Pythonともシームレスな連携が可能となりました。 RStudioで RセッションとPythonセッションの双方を同一の総合開発環境内で利用し解析作業を飛躍的に改善しませんか?

パッケージ「reticulate」を使おう

PythonとRとの相互運用に必要な様々な機能を提供するパッケージ「reticulate」が可能にする事。

・RMarkdown、Pythonスクリプト、Pythonモジュールのインポート、Rセッション内でのPythonのインタラクティブな利用等、様々な方法でのRからPythonを呼び出し。

・RオブジェクトとPythonオブジェクト間の変換。                           (RとPandasデータフレーム間、R matricesとNumPy arrays等)

・仮想環境を含めたPythonのバージョンとConda環境の柔軟なバージョン調整。

パッケージ「reticulate」 の詳細はこちらをご参照ください

「RStudio Workbench」を使おう

RStudioのプロフェッショナル商品「RStudio Workbench」が可能にする事。

・RStudioの新しいセッションを、Jupyter Notebook、JupyterLab、VSCode forPythonから好きなエディタを選択して開始。

商品「RStudio Workbench」の詳細はこちらをご参照ください。

RStudio Workbench

「RStudio Connect」を使おう

RStudioのプロフェッショナル商品「RStudio Connect」が可能にする事。

・Jupyter Notebooks、Flask経由の Python APIs 、 Dash経由のインタラクティブな Python アプリケーション、 Streamlit、Bokeh、FastAPI、や他の人気なPython frameworksとの簡単な共有。

商品「 RStudio Connect 」の詳細はこちらをご参照ください。

RStudio Connect

「RStudio Package Manager」を使おう

RStudioのプロフェッショナル商品「 RStudio Package Manager 」が可能にする事。

・PythonとRのパッケージの簡単な制御と配布。

商品「 RStudio Package Manager 」の詳細はこちらをご参照ください。

RStudio Package Manager